フリーランスウエディングプランナーとして大切なスキル3選

私がフリーランスウエディングプランナーとして大切なスキルはなんでしょうか?

専門的なスキル

大切です。オーストラリア、ケアンズで結婚式を何度もする人はいないでしょう。

皆さん初めての方ばかり。

そんな中で、いろんな情報を提供するのは当然ですし、そのスキルは求められて当然だと思います。

でもウエディングの専門的なスキルだけではなく、私が大切だと思うスキルは、自分の考え、想いを伝える

コミュニケーションスキル

もとても大切だと思います。

仕事の基本はコミュニケーションですし、カップル、ゲスト、チームや挙式会場の担当者、花屋やセレブラント、カメラマンなど全ての関係者と力を合わせて進めていくことが、最高の結婚式を作り上げる要素になると思います。

その中で、自分の考えを伝え、必要な事、出来る事、出来ない事、大切な事、全てコミュニケーションにかかってきます。

ですので、コミュニケーションスキルがないとウエディングプランナーは務まらないと思います。

最後に自分の価値観を押し付けない

お客様目線で見るスキル

ウエディングは一生に一度の大イベント。

そんなウエディングという夢を売る仕事なのに、ウエディング会社の中には「成約率」「現地売り上げ」「オプションアップグレード」などの数字に必死な会社が中にあります。

全ての会社がそうではないとは思いますが、たまに人のブログなどをみると

「ブライダルフェアに行ったら、成約するまで帰れなかった。」

「なぜ成約しないかを問いただされ、うっかり前金を払ってしまったら、返金してもらえなかった。」

「自分はアップグレード必要ないのに、すごくお勧めされて、なんとなくアップグレードしてしまった」

なんて書いてあるブログを見た事があります。

勿論ビジネスですし、会社の売り上げがないと成り立ちません。

しかし、お客様目線でお言葉をかけないと、結局お客様から信用を得ずに、売り上げにつながらないと思います。

信用・信頼=お金に両替できる。

というお話は、キングコングの西野氏が、よくホームレス小谷さんについてお話されています。

ホームレス小谷さんは信用があるから、家がないのに裕福に生きていく事が出来ると。
(もし気になる方がいましたら、グーグル検索してみて下さい。)

私はお金より信用を得るように心がけます。
信用を得るために、出来る事を考えます。

その後にお金がついてくると信じて。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは無料で受け付けています。
日本語、英語どちらの言語でのお問い合わせでも大丈夫です。

メールでのお問い合わせが苦手な方はLINEやSkypeでも受け付けています。