【5つの理由】なぜケアンズで結婚式なのか?

オーストラリアの中でなぜケアンズかについてお伝えしたいと思います。

なぜケアンズが結婚式に選ばれる場所なのか5つの理由をお伝え致します。

沢山のアクティビティがある

  1. 2大世界遺産がある
  • グレートバリアリーフ

綺麗なサンゴやお魚を見る事が出来ます。

せっかくだから是非泳いで欲しいグレートバリアリーフ。でも泳ぎに自信のない方や、泳げない方でも、グラスボトムボート(船の底がガラスになっている)や半潜水艦(船が半分沈んで窓からサンゴやお魚が見れる)に参加して楽しむ事が出来ます。

  • 熱帯雨林

世界最古の熱帯雨林で世界遺産に指定されています。熱帯雨林といえば、アマゾンのイメージをお持ちの方もいると思います。アマゾンは世界最大の熱帯雨林で世界遺産に登録されており、ケアンズは世界最古で登録されています。つまり、一番古い熱帯雨林、植物をご覧いただけます。恐竜の時代、1億5千年前の時代から残っている熱帯雨林を透き通る空気と共にお楽しみ頂けます。

熱帯雨林の植物を楽しむのはもちろんの事、熱帯雨林に生息するオーストラリアならではの動物をご覧頂く事も出来ます。動物好きな方には野生の動物を身近にみる事ができ、楽しんで頂けると思います。

世界遺産以外にも

川ではラフティングが出来ます。ラフティングをする川にはランクがあるそうで、ケアンズにあるタリー川は世界のラフティングチャンピョンを争う試合会場にもなるほど、ランクが高い川です。ラフティングやったことがある人もない人も楽しめるスリルあるアクティビティです。

最近人気なのが、ケアンズから車で90分ほどにあるパロネラパークというお城。ラピュタの城のモデルにもなった?と言われる(事実確認はできていないそうですが)お城があります。本当に幻想的で、こちらの城の由来を含め訪れるには魅力的な場所です。

コアラ抱っこが出来る

オーストラリアといえばコアラ

でもオーストラリアどこでもコアラを抱っこ出来るわけではないのです。

オーストラリアは州によって法律が違っております。

コアラを抱っこ出来る州は「クイーンズランド州」のみなのです。他州では動物愛護協会が「コアラ抱っこをすることにより、コアラに負担をかけるため」法律で禁止しています。

ケアンズはクイーンズランド州にあり、コアラ抱っこが可能です。ただ、クイーングランド州の動物愛護協会の今後の動きにより、コアラ抱っこが出来なくなってしまう事も将来的に考えられますので、ぜひこの機会にかわいいコアラと抱っこしてみませんか?本当にかわいくて、持って帰りたくなっちゃいますよ。

時差がたったの一時間

オーストラリアの魅力でもお伝え致しましたが、ケアンズは日本からたったの時差1時間。
子連れの方にもゲスト連れの方にも体の負担はありません。

海外旅行で一番嫌なのが時差ボケ。何かずっと体がだるい感じだったりしますよね。
だから、忙しい日本人の方には特に避けたい時差ボケ。

だからこそ、オーストラリア、ケアンズはお勧めなのです。

年中泳げる

ケアンズは年中常夏。
勿論冬と言われる時期の6月、7月、8月辺りは少し朝晩冷えますが、日中は気温が上がり、半そでのみで問題ございません。
そして世界遺産のグレートバリアリーフでも泳ぐことは出来ます。ただ泳ぎ終わった後に少し体が冷える可能性がありますので、長袖を持参されるといいと思います。

飛行機に乗っている時間がたったの7時間半

ケアンズはオーストラリアの観光地の中で日本に一番近い町です。
たったの7時間半。

子連れや年配の方には飛行機に乗っている1時間、2時間も長く感じます。
実際私もゴールドコーストから日本に帰った時は(9時間半)とても長く感じました。
たった2時間違うだけなのに、子供たちは飛行機の中で酔って吐き出してしまいました。ケアンズから帰国した時は一度も吐いたことなかったのに。。。
子供にとっても親にとっても、もちろん海外になれない方にとっても、慣れている方にとっても、飛行機に乗っている時間は短いに越したことはない!

だからケアンズってちょうどいいお勧めの場所なんです。
是非皆様オーストラリア、ケアンズにいらしてください。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは無料で受け付けています。
日本語、英語どちらの言語でのお問い合わせでも大丈夫です。

メールでのお問い合わせが苦手な方はLINEやSkypeでも受け付けています。