これからのウエディング業界の動きに感じる事:腕のいい人が勝ち残る時代

今時代は、すごい早いスピードで変化していっています。

今まで5年から10年で変化を成し遂げた事が2年から3年のうちに変化してしまっているのではないでしょうか?
もしかしたらもっと早いスピードで変化している気がします。

「AIで失われる仕事」と調べたらたちまちすぐにグーグルにもYouTubeにも出てきます。

そして住んでいる場所関係なく、腕がいい人が選ばれる時代がやってきます。

例えば、

医療

これからは、治療も遠隔操作で出来るようになり、名医と言われる有名な医者に身近に診断してもらえることが出来る時代が来ます。
田舎に住んでいて、町医者と言われる医者は、もしかして技術や知識がないと需要が無くなってしまうかもしれません。
今まではその街にその医者しかいないから、その医者に診てもらうしか手段がなかった時代から、医者までも距離を気にせず、場所を気にせず選ぶ事が出来る時代がもうすぐ目の前です。

そこでウエディング業界も同じ波がやってくると思ってます。

カメラマン、ビデオマンの指名&持込み

カメラマンやビデオマンはさすがに遠隔操作は出来ませんが、腕のいいカメラマンやビデオマンが選ばれる時代がやってきます。
格差時代です。
結婚式はやはり映像関係を重視するカップルが多い為、腕のいいカメラマンやビデオマンを指名する事が日本国内だけでなく、海外でも可能になり、好きなようにカメラマンを指定&持ち込み出来る時代がやってくるでしょう。

もちろん挙式会場によって持ち込みを規制している所も多いかもしれませんが、だんだんカメラマンの持ち込みを規制していては、成り立たなくなってくるのではないかと思います。

既に持ち込みカメラマンを無料で受け入れているケアンズウエディングは、情報社会の中で、カメラマン持ち込みを既に規制出来ない時代にあると、いち早く考えました。
最近カップルからの持ち込みカメラマンの挙式を執り行いました。
インスタで見つけたカメラマン。

カップルに満足して頂く結婚式をご提供する為には、ただ単に値段競争をするのではなく、納得のいくものを提供しないとだめなのです。

日本のカメラマンも海外出張を交通費だけ負担すれば、撮影料無料で出張します!というカメラマンもいます。
(ケアンズの場合のみかもしれませんが、ご興味ある方はご紹介致します。)
ケアンズは日本から直行便が出ているジェットスター航空会社のセールで航空券を買えば、
本当に安く買えるので、日本からカメラマンを連れてきても条件が合えば、そこまで高額にならずに腕のいいカメラマンを指定して、海外に出張してもらい撮影してもらえる事が出来るのです。

情報格差の時代と呼ばれ、今は情報を沢山持っている人と持っていない人にはどんどんと差が生まれ、生きる道筋が変わってきてしまうと言われます。

情報は自分から手に入れようとしない限り、誰かから貰える情報だけをぼんやりと待っていては、手遅れになってしまいます。

出来るだけたくさんの情報を得るように色んな所にアンテナを立てつつ、お客様の「今」のニーズに最大限お答えできるように、日々日々自分自身アップデートをしていく事を心がけています。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは無料で受け付けています。
日本語、英語どちらの言語でのお問い合わせでも大丈夫です。

メールでのお問い合わせが苦手な方はLINEやSkypeでも受け付けています。