日本で結婚式を挙げる、海外からくるカップルが増えて来てます。海外からくるカメラマン!

今までは、海外からウエディングで日本に来る人のカップルの数は少なかったと思います。

ただ最近は海外のカップルが日本で挙式をする件数がすごく増えてきています。

実際にオーストラリア人のカップルも日本挙式に興味持っている人は多いみたいです。

知り合いのフリーランスウエディングプランナーは、日本で結婚式をする海外カップルを対象にお仕事をされています。

最近、どうやらフィリピンのカップルの結婚式のお手伝いを日本でしたそうですが、
わざわざフィリピンからカメラマンを連れてきたそうです。

カメラマンと費用の交渉などはすると思いますが、フィリピンからカメラマンを連れてくるとはすごいですよね。

海外出張に行かれるカメラマン。
活躍の幅も無限大です。

やはり選ばれるカメラマンは、その写真のクオリティーが良いかもしれませんが、

写真のクオリティーだけで決めないで!
カメラマンのここも要チェック

3つのチェックポイント

カメラマンの人柄

人柄なんて、なかなか分からないもの。
でも人柄ってとても大切なんです。
いい写真をとっても、他のスタッフに不快な思いをさせるカメラマンがたまにいます。
それでは、せっかくの挙式も、なんだか雰囲気が悪くなってしまいますよね。
だから、カメラマンの人柄は要チェック。大切です。
他のスタッフへの敬意を含め、チームとして働けるカメラマンを選んでください。
レビューなどがあれば確認する事をお勧め致します。

信頼関係

私自身も気を付けているのですが、お問合せに対しての返信が遅いカメラマンは信頼関係を築けません。
私がカメラマンにお願いするときも同じです。
回答や返信が3日かかる人はやめた方がいいと思います。

適正価格

もちろんカメラマンによって価格が違います。
何件か見積もりを聞いても良いでしょう。
提示価格が安くても、美肌加工やアルバムなどのオプションをセールスされることもあります。
そういったオプションで採算を取ろうとして提示価格を安く提示し集客するやり方です。
もちろんオプションが欲しい人には良いのですが、そうでない人はちょっと気まずい雰囲気になることもあります。
必ず、初めにすべての値段をクリアにしてお申込みされてください。

上記の3つのカメラマンのチェックポイントを見極めるのは難しいと思います。
あとはインスピレーションや直感を頼ってもいいでしょう。

ケアンズウエディングでは日本からカメラマンを持ち込みする事も出来ます。
小さい頃の七五三で撮ってもらったカメラマンに撮ってもらいたい。。や
お友達、家族にカメラマンがいる。。
など

貴方のアレンジで貴方のウエディングを作ることが出来ます。

是非、一生に一度のウエディング、自分らしさを出してみませんか?

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは無料で受け付けています。
日本語、英語どちらの言語でのお問い合わせでも大丈夫です。

メールでのお問い合わせが苦手な方はLINEやSkypeでも受け付けています。