Applicationお申し込み Contactお問い合わせ

ウエディングプランナーとしての現在(コロナの影響)

オーストラリアでは規制の解除が段階的(ステップ1、2、3)に行われ、先週の5月16日の土曜日からステップ1として、レストランも人数制限をもちながら、お食事を提供する事が出来るようになりました。ウエディングも今までは最大5人までの所が、10人迄大丈夫になりました。

自粛中の結婚式最大5人って。。カップル(2人)+牧師さん(1人)+フォトグラファー(1人)+立会人(1人)みたいな感じでかなり厳しい状況。

10人迄になれば家族も呼べて、少人数のウエディングだったら可能になりました。

そういう訳で、まだまだ元通りとは言えないけれど、少し町に活気が戻ったような気がします。

とはいえ、私のお仕事は日本人の方をターゲットしにしたウエディングですので、現実的に飛行機が飛んでいない、国のボーダーが閉ざされている状態でお手伝いをするのが難しい状況が続き、今後もどれだけ続くか分からない、先の見えない状況です。

オーストラリアに住んでいるローカルの日本人カップルでも、日本からのゲストが来れないから、延期をお考えいただいたり、日本から来るカップルはまず飛行機が飛ぶかどうかも分からなく、延期又はキャンセルです。

やはり、気持ちは前に向きたい所だけど、前に向けない日もあったり。

いつも前を向いている必要もないと思いながらも、なぜか焦ってみたり。

そんな中、これからの見えない道をどう乗り越えるか?簡単に言えば、続けるか、辞めるか、を考えてみました。

積極的に情報を発信して、何年か先の可能性を待ってみる(しばらく耐える)

ホームページのアクセス

今、stay homeで、自宅にいる方も多い為、ホームページのアクセスもそれなりにあります。つまり気になっている方、需要がゼロではないってことですよね。

かならずその方たちが、どこかのタイミングで戻ってきてくれていると信じて、発信をし続ければ、忘れられずにいられる存在になるという事。

初心を振り返る

自分がどうしてウエディングプランナーになろうと思ったのか、どんな気持ちでオーストラリア挙式を迎えるカップルをお迎えしたいのか。

そんな気持ちを振り返ると、やはり私が出来る事は、

  1. 日本とオーストラリア(ケアンズ)をつなげる事
  2. 日本から来るカップルに安心してオーストラリア、ケアンズに来てもらう事
  3. 人と人との繋がりを作る事
  4. 自分の価値を提供できる事

これ全てがウエディングプランナーとしてのお仕事として活かせるんだと改めて思ったのです。

撤退する。

撤退する選択。

簡単なようで、難しい決断。

折角頑張ってやってきたのに、なんかもったいない。そんな気もして。。

でも、このまま需要あるのかな。

これから結婚式する人が減ってしまうのかな。

色々な仮定を想定します。

では、ウエディングプランナーを辞めたところでどうしよう。旦那のビジネスを手伝うという選択もあるけど、それって本当にやりたい事?

そういう時にもやはり初心を振り返るなのでした。

コロナが始まって、ビジネスの方向転換やマインドセットが大切で、今何が出来るかという事を考えたりします。早速方向転換をして、新しいサービスを提供するビジネスをされる方もいらっしゃいます。

でもやっぱり、私はしばらく耐えます。

ありきたりではありますが、

太陽があれば月があり。

晴れがあれば雨があり。

動があったら、静もある。

明かりがあれば暗闇もあり。

どれもバランスをとる為に存在するのかなって思って。

とりあえず、今出来る事を考えて、前を向いたり後ろを向いたりしてしまうかもしれませんが、今出来る事をやれるだけやろうと思います。

皆様もそれぞれの状況や環境がおありだとは思いますが、頑張りましょう!

あなたにオススメの記事