Applicationお申し込み Contactお問い合わせ

プレ花嫁が知らない海外ウエディングあるある⑤挙式編

挙式中に内容が飛んでしまう

海外で慣れないし、英語でちょっとてんぱってしまって、 リハーサルもして練習もしたのに、 挙式中に内容が飛んでしまうこともあります。結婚式はほとんどの人が初めてです。焦らずに安心してください。もしセレブラントの質問などで何を答えていいか分からなくなったら、きょろきょろしたりソワソワしたりせずに、じっとセレブラントかコーディネーターの目を見て下さい。「助けを求めている」ってすぐわかるので、さりげなくスタッフが誘導してくれます。

恥ずかしくて挙式中、照れ笑いしてしまう

挙式中でもフォトツアーでもよく「ここで見つめあってください」っと言われます。

挙式中でしたら、誓いの口づけの時や、誓いの言葉を述べる時などそうです。

フォトウエディングの時は見つめあったポーズは定番です。

ただ、なかなか自然に見つめあう事が出来ないカップルが多いんです。照れくさくて笑いが止まらなくなったり、にらみ合ってる?っていう感じで目力が強かったり(笑)

上手く見つめあったりすることが出来ないカップルは、目ではなくて相手の顔の中心を見ると自然に見つめあっているように見えます。

誓いのキスは唇じゃないとだめ?

誓いのキスは、唇と唇を重ねるのが理想ですが、家族の前で恥ずかしい、とか口紅が落ちるのが嫌だとか、色々な理由で「ほっぺやおでこにしてもいいですか?」と聞かれることがあります。

ウエディングキスには挙式中に誓った言葉をお互いの口と口で封じ込めるという意味合いもあるそうです。ですので、出来るだけ口と口での誓いのキスをしましょう。

ポイントは

  • 顎を引かない
  • 目を閉じる
  • 新婦の手元はおへその上に重ねる
  • 新郎の手は新婦の方の上に添える
  • キスは3秒はしましょう(カメラマンのシャッターチャンスでもあります。)
  • 自然な感じ(顔を押し付けたりしない)

新郎の唇に新婦の口紅が付く事があります。その場合は、ウエディングコーディネーターが、新郎の唇をそっと拭いて、付いてしまった口紅のテカリを抑えます。ご安心下さい。

あなたにオススメの記事