オーストラリアハネムーン旅行やオーストラリア一周旅行などする方に必見!オーストラリア国内移動の持ち物には気を付けて。

最近は、シェアライドをしたり、キャラバンカーのようなもので、オーストラリア一周旅行をする人もいたり、又は一周までは時間がなくても、州をまたがって旅行する人が増えて来てます。

そこで、ちょっと待って!

日本からオーストラリアに持ち込みなどの制限が厳しいっていう情報はあるのに、オーストラリア国内での移動の際の食べ物などの持ち込みに関して案外知られていません。

「知らぬが仏」状態です。

そこでオーストラリア国内での移動には、州をまたがる場合に持ち込みの規制があります。
2019年版の新しい正式な情報を載せておきますので、参考までにご覧ください。
オーストラリア国内移動の持ち込み制限

どこの州からどこの州に旅行するかによって、持ち込みの制限の違いがそれぞれあります。

例えばお土産で人気のハニー
ケアンズでハニーをお土産で買った後に、メルボルンなどに行く場合。
ハニーの持ち込みは三角の注意マークになってます。ちゃんと問い合わせた上での持ち込みという認識です。

旅行で移動する際に、いちいちハニーを持ち込めるかどうか問い合わせていたら面倒ですし、大変ですよね。
ですので、大丈夫!という物以外はなるべく持っていないようにした方がいいと思います。

スーパーで買ったりお土産屋さんで買ったりしても、このような国内移動の際の持ち込み制限の案内は受ける事がありません。
せいぜい、「ハニーは液体物なので、手荷物ではなく預け荷物に入れて下さい」
って案内受けるくらいだと思います。

オーストラリア国内移動ですので、そこまで荷物検査が厳しいわけではないので、必ず見つかってしまうという訳ではないかもしれませんが、一応ルールとしての規制があるので、それに従った方がいいと思います。

ちなみに、ケアンズから直接日本に帰国する方は、ハニーは液体物になるので、預け荷物(スーツケース)に入れて日本に持って帰ることが出来ます。

フルーツや野菜を持って州移動をするのはダメな所が多いのに、意外にもナッツ類などは州移動しても持ち込み大丈夫だったりするんですね。
やはり調べてみないと分からないものです。

たとえ、交通手段が車だろうが、飛行機だろうが、州移動をする場合はこの規制が適応されますのでお気をつけください。

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせは無料で受け付けています。
日本語、英語どちらの言語でのお問い合わせでも大丈夫です。

メールでのお問い合わせが苦手な方はLINEやSkypeでも受け付けています。