Applicationお申し込み Contactお問い合わせ

ウエディングプランナーを使ってフォトウエディングをするメリットって何?カメラマンだけのフォトウエディングのメリットとデメリット

最近、結婚式を挙げる代わりにフォトウエディングをされる方も増えてきました。

フォトウエディングを撮る為に、カメラマンだけにお願いするカップルも多いのですが、今日は、カメラマンにお願いするフォトウエディングとプランナーを使ったフォトウエディングとのメリットとデメリットをご紹介します。

カメラマンだけのフォトウエディングのメリット3選

値段が安い

カメラマンだけの値段をお支払いすればいいので、値段的には安く抑える事が出来ると思います。

お手軽

値段も含め、お気軽にフォトウエディングを頼む事が出来ます。

カメラマンだけのフォトウエディングのデメリット

写真のポーズによってはアシスタントがいないと撮れないポーズもある

例えばこんなお写真とか。。

これは、カメラマンの掛け声とともに、プランナーの私がドレスの裾を持ち上げて、ふわっとさせて、カメラの視界から逃げる!という仕掛けをしてます。

そうしないと、このようなふわっとしたドレスの裾が浮き上がった綺麗な写真を撮ることは出来ません。

自分で撮影場所まで行かなくてはいけない

カメラマンにもよりますが、自分で撮影場所まで行かなくてはいけない場合もあります。現地集合で撮影をして頂く場合、撮影場所までの距離感、撮影時間までのお仕度時間など、自分では分からない事沢山ありますよね。カメラマンによっては送迎をしてくれるカメラマンもいますので、一度相談してみましょう。

細かいプランニングまではしてもらえない

カメラマンにフォトウエディングを細かなプランニングまでしてもらえません。もちろん撮影場所のご提案はしてもらえると思いますが、ヘアメイクの事やお衣装の事やご旅行の事などはカメラマンのお仕事ではありません。カメラマンはお写真を撮ることがプロであり、プランニングをすることがプロではありません。

荷物の管理が大変

カップルのお衣装にもよりますが、お靴を撮影途中にシューズからサンダルに変えたいとか、ズボンを長ズボンから半ズボンに変えたいとか衣装を途中で少しだけアレンジしたい等、ご希望がある場合なども、カメラマンだけの撮影だとお荷物の管理が大変です。お二人は主人公なので、お荷物の事を気にかけて撮影したくありませんよね?

その他、撮影小物などを持っている場合も、その小物の管理は誰がするの?持ち歩くの大変ですよね。カメラマンもカメラとレンズや時に反射板など、沢山の荷物を持ってます。

衣装を着て沢山の荷物を持ち歩きながら、荷物の事を気にかけながら撮影したいですか?

例えばこのような小物も、お二人が撮影中に持ち歩きながら撮影したいですか?

お子様がいる時、誰が面倒みるの?

家族写真も撮りたいけど、二人だけのお写真も撮りたい!

色々なお写真撮りたいのに、カメラマンだけだったら、撮影中お子様の事が気になって撮影に集中出来ません。

お二人だけの撮影をしている間、ふと目を離したらお子様がどこにいるか心配になってしまいます。お子様にとっては初めての海外。好奇心も旺盛で、色んな所に行きたくなっちゃいます。気が気でなりません。

折角の記念のオーストラリア、ケアンズでのフォトウエディング。いい写真沢山撮りたいですよね。だったら、撮影に集中する為にもカメラマンだけのフォトウエディングはちょっとお勧め致しません。

例えば、家族だけでこのように楽しく写真を撮ったり。

2人だけでラブラブ写真を撮ったり。。。

2人だけで写真を撮る時、お子様はどうしますか?

ウエディングプランナーに依頼するフォトウエディングのメリットとデメリット

簡単に言えば、上記のカメラマンだけのフォトウエディングのメリットとデメリットを反対にして頂ければ、ウエディングプランナーのメリットとデメリットが一目瞭然で分かって頂けると思います。

あなたはどんなフォトウエディングをしたいですか?

お気軽でお安いフォトウエディングのみを期待するのであれば、どうぞカメラマンだけのフォトウエディングで楽しまれてください。

もし、安さやお気軽さだけでないフォトウエディングを考えていらっしゃるのであれば、ケアンズウエディングのフォトウエディングのお申込みをご検討下さい。

あなたにオススメの記事