Applicationお申し込み Contactお問い合わせ

忙しい現代の人にお勧めな場所ケアンズの理由3選

10年前にはなかった携帯電話の普及から、ネットでの情報社会がどんどん加速する世の中になってきました。

今の情報社会はこれからもますますと加速し、たくさんの人が発信し、発信した人の分の情報量があります。

目まぐるしい現代社会に生きている中で、いつも情報に追われ、時間に追われてしまい、リラックスする暇も時間もないまま毎日を過ぎてませんか?

大都会で 高層ビルの中で 働く生活に憧れ生活している方もいると思います。男性でしたらネクタイを締めて、または女性でしたらヒールをかつかつと響かせて町を歩くってかっこいい生活スタイルですよね。

でもそんな生活をしていると、ふと時間に追われて自分を見失ったり、情報の中に埋もれてしまったりしませんか?

そんな方にはオーストラリア、ケアンズはピッタリな場所なんです。

なぜお勧めか?

お勧めの理由を3つご紹介いたします。

とにかく世界遺産の熱帯雨林の自然で癒される

グレートバリアリーフと熱帯雨林の世界遺産(2大世界遺産)があるオーストラリア、ケアンズ。森林浴は日常の生活の中でいつでもどこでもできます。常に出来る森林浴で、「人間って小さいなぁ」「時間の流れって緩やかだなぁ」っと忙しい毎日で作られてしまった狂った体内時計を戻すことが出来ます。人間の本来の時間の感覚を取り戻すことが出来ると思うのです。

ケアンズの町の中のホテルで宿泊されたお客様も、「朝は鳥の鳴き声がうるさくて起きてしまいました!」鳥の声で目覚める経験って今までなかったです!っとおっしゃってました。

心癒されること間違いないです。

とくかく世界遺産のグレートバリアリーフで癒される

世界遺産のグレートバリアリーフ。ケアンズから船で近くて45分で行くことが出来る、フィッツロイ島やグリーン島は手軽に行けてお子様連れにも年配の方にもおすすめの場所です。

ダイビングをしたことがある人は海の美しさをすでに知っていると思いますが、ダイビングしたことがない人にぜひダイビングをして海の中の生き物たちに触れてほしいのです。

ダイビングをしていると、「人間って小さいなぁ」「人間もこれらの生物の一部であって、地球という場所を同じようにお邪魔して生きているんだなぁ」という感覚になります。海の中では「あなたは特に特別な存在ではない」感覚です。海の中に生活している世界にお邪魔している訪問者って感覚にいつもなります。そこから思う事、気づくことがたくさんあります。

地上では人間がすべてを制して、生活している感覚になってませんか? 道路だって車だって、建物だって、すべて人間が作り上げ、そのうえで生活しているんです。でも海の中ではその感覚が全くなくて、無の自分になれます。

ダイビングが苦手な人は、スノーケリングでも十分同じ感覚、経験が手に入れられると思います。「世界は広い。人間って小さい」という感覚や経験です。

ぜひ一度この感覚や経験を忙しく毎日を過ごしている方には味わって頂きたいです。

とにかく住んでいる人がやさしい

現代社会に住んでいると、自分がいっぱいいっぱいで、人にも優しくできないどころか、自分にも優しくできなくなってしまいます。

そんな中、ケアンズに住んでいる人は優しい人が多い気がします。道を尋ねたら嫌な顔せずに答えてくれるし、お散歩していると「Hello」と声をかけてくれます。

以前日本に帰った時に、東京駅で道を尋ねようと、「すみません」と声を掛けたら「結構です」と要件を聞かずに断られました(笑)。断られた人数4人。みんな声をかけても全く答えてくれませんでした。子供がまだ小さくて、おんぶをした状態でベビーカーを引いている私が怪しい勧誘だとは思えないと思うのですが。。

とにかくめんどくさいと感じてしまうのか、それこそ自分に余裕がない方ばかりなのだなぁと思ってしまいました。

ケアンズで、そんな経験をしたことがなかったので、結構ショックでしたが、その反面、人間味のあるケアンズの人たちがとても愛おしく感じました。

ケアンズという場所は本来人間が人として「助けながら群れをなす」という本能を呼び起こしてくれる場所だとも思うのです。困ってたら助けてくれますもの。

今の旦那と出会ったきっかけも、私の友達の車が駐車場で壊れてしまって、困っていた私たちをみて、無償で直してくれたのが旦那だったんです。

そんな旦那と日本に帰って、スーパーで年配の方の荷物を運ぶのを手伝ったり、ドアを開けるのを手伝ってあげるのを見ると、日本ではなんだか少し浮く感じで、恥ずかしい気持ちになってしまったのですが、それは全く恥ずかしいことではなく、それが今の社会だからこそ必要な共存の原点だと思うのです。

人間が本来持っている何か忘れかけてしまっている気持ちや思いを、ケアンズの人たちが教えてくれます。

他の観光地みたいに、何かわからないことなど聞いたらお金をせびられることも絶対ありません。人を信じて人として愛をもって接することが出来る場所だと思います。

今のあなたに必要な場所ではありませんか?
日本からはまだまだコロナの影響でオーストラリアに来ることはできませんが、もし海外渡航が出来るようなったら、ケアンズを候補地として考えてみてくださいね!

あなたにオススメの記事

jaJapanese